ステーショナリー.com

ステーショナリー.com
筆記具やシステム手帳などのステーショナリーについてのあらゆる情報をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

「ACME(アクメ)」について

ACME」は、エイドリアン・オラブエナガと、彼の妻のレスリー・ベイリーが、1985年にロス・アンジェルスに設立された、国際的なプロダクトデザイン会社です。

ハワイのマウイ島を拠点にステーショナリー、腕時計、ネクタイなどデザインアクセサリーの製造販売を手掛けるプロダクトデザイン企業「アクメスタジオ」のブランド名です。

個性豊かなACMEのデザインは50名以上に及ぶ世界的に著名な建築家や芸術家とのコラボレーションにより生まれます。


創業当初は知人のデザイナーらと共に、わずか12種類のブローチの製作を手掛ける小さなデザイン会社でした。

その後、世界的に著名な建築家 エットレ・ソットサスが彼らにデザインを提供したことによりACMEは大きく飛躍することとなります。

ソットサスは、14人の建築家を集めてデザイン集団「メンフィス」を組織し、ACMEのために100種類以上のブローチをデザイン。

その洗練されたデザインが欧米で話題となり、リチャード・マイヤーやフランク・ロメロなどの著名な建築家や芸術家たちが次々にACMEのデザインワークに参加することになるのです。

1996年よりACMEローラーボールなどの筆記具のシリーズかを始めることとなりマイケル・グレーブス、キース・へリングなど著名な建築家、デザイナー達によってそれらの筆記具はデザインされるようになりました。

そして1997年においてニューヨーク ステーショナリーショーにおいてACMEの筆記具シリーズが発表され、圧倒的な反響を得ることとなります。

また翌年サルバドール・ダリ博物館やフランク・ロイド・ライト財団などの協力を得て「アメリカンコレクション」を発表し、デザイナーごとによるコラボレーションから、団体、財団などの協力もえるようになりACMEの商品ラインナップは大幅に広がるようになり、多くのACMEファンの支持を集めています。

デザイナーとのネットワークが広がると共に、ACMEのプロダクトはペンやカードケース、腕時計など様々なアイテムに広がり、シリーズ化されていきます。

1996年、新たに建築家のマイケル・グレーブスや画家のキース・ヘリングなどがデザインを提供し発表されたACMEのローラーボールペンのシリーズは大変話題を呼び、ACMEの最も人気の高いシリーズに成長。

個性豊かなローラーボールのデザインは現在、80種類以上にも及びます。

その後ACMEは、フランク・ロイド・ライト財団からライセンスを取得し、フランク・ ロイド・ライトコレクションを発表。

これを機にチャールズ・イームズなど20世紀を代表する著名なデザイナーのデザインがACMEのプロダクトに復刻されることとなります。

また、2000年にはエットレ・ソットサスらによって形状や素材、パッケージデザインまでをオリジナルデザインされたペンのシリーズ「COLLEZIONE MATERIAL」が、2004年にはレザー・コレクションが新たなシリーズとして加わり、ACMEの多彩なコレクションが多くのファンの支持を集めています。

世界的な建築家や芸術家のデザインで提案する斬新なコレクション。

日常的に使うアイテムだからこそ、毎日をワクワクさせてくれるACMEの魅力は無限に広がります。


banner_01.gifにほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

ステーショナリー.comのホームページ
スポンサーサイト

カラン・ダッシュのブランド・ストーリー

カラン・ダッシュについて

「スイス製の誇り」-すべてはこの言葉で言い尽くされる。

豊かな自然と古い歴史を持つジュネーブ。

そこは移りゆく時間をいかに美しく刻むかを競った人々が「SWISS MADE」の時間を世界高水準に引き上げ、数々の歴史的な出来事を書きとめる舞台となった街。

1924年「書くこと」を使命として、ジュネーブに誕生したカラン ダッシュは、「SWISS MADEの誇り...最高のレベル」を筆記具に求め続けてきました。

カラン・ダッシュでは、小さな部品1つ1つが製品基準のテストを受け、すべての工程で厳しく管理されています。ゴールド、シルバー、ロジウムのプレート加工は、スイス政府の基準、すなわち許容交差を厳格に守っています。

完成品の検査後、完璧な状態で世界に送りだされます。さらに万一の場合のために、国際保証書が添付されています。

カラン ダッシュは、すべての製品に「C d A」の飾り文字(モノグラム)をつけています。
イメージを新たにしたモノグラムは、カラン ダッシュの伝統と、製品に対する自身の証です。
「良い筆記具との出会い。それは生涯の友を得る歓びに等しい…」

シャイニーミラーとブラックラッカーのシャープなコンビネーション。

カランダッシュのクラフトマンシップを象徴する天冠部のレッドのモノグラム。

パーフェクトバランスのボディは、掌にしっとりとなじみ、流れるようなライティングを創作します。

シャイニーミラーとブラックラッカーのシャープなコンビネーションカラン・ダッシュ レマン ...

banner_01.gifにほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

ステーショナリー.comのホームページ

シェーファーのブランド・ストーリー

シェーファーブランド・ストーリー

1906年、ウォルター・A・シェーファーは、アイオワ州フォートマディソンにある宝石商を父と共同経営、宝石や金銀などの貴金属細工に才覚を発揮していました。

翌年の1907年、レバー充填式万年筆を発明し、1908年に特許を取得。この特許をもとに万年筆の製造をスタートさせました。

1920年、構造上の故障に対して永久保証が適用されるライフタイムペンを発売。

その後、空気の圧力を利用してインクを吸入するタッチダウン式、胴軸の後端を回転させるとペンの先端から細い金属製のチューブが露出してインクを吸入するスノーケルなど、次々と新しいメカニズムを発表しました。

banner_01.gifにほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

ステーショナリー.comのホームページ

システム手帳のダ・ヴィンチについて

ルネッサンスを代表するイタリアの天才画家『レオナルド・ダ・ヴィンチ』。彼は、芸術のみならず工学、医学、天文学、流体力学、幾何学等、多くの業績を後世に残しました。

ダ・ヴィンチは見聞きしたことや感じたことを、こまめに手帳に書き記され、彼の残したノートには、おびただしい量のアイディアが、芸術的な図とともに記されていました。

手帳は素晴らしい作品に大いに活用されていました。その天才画家『レオナルド・ダ・ヴィンチ』の名を冠したシステム手帳ダ・ヴィンチ』シリーズは、手帳の基本的な性能である「記録する」「整理する」という重視して設計されたブランドです。

厳選された素材を使いつつも、機能性を重視して設計された「ダヴィンチ グランデ」。革の特徴を活かし丁寧に仕上げられた逸品です。

banner_01.gifにほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

ステーショナリー.comのホームページ
Google
スポンサード リンク

ステーショナリー関連の本 万年筆関連の本

リンク
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
プロフィール

kazuchi1710

Author:kazuchi1710
気に入った万年筆を手に夢の実現に向かって手帳を活用する日々を送ろうと思いブログを始めました。

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
おすすめ!

アスクルについての情報満載!
最近の記事
月別アーカイブ
テクノラティプロフィール